• いい施工計画、良い施工計画、e-施工計画<第1回>Letter

    2013.05.10カテゴリー:その他(Letter)

    いい施工計画、良い施工計画、e-施工計画・・

    <第1回> e-施工計画com Letter(レター)
    いつも当社製品をご愛顧いただいている皆さんこんにちは!
    ゴールデンウィークも終わり、そろそろ一日の気温差も落ち着きはじめてきました。
    まだ愛称、決めきれていないんですよね、次回までにはなんとか。

    さて、3DPLUS改め、「e-施工計画com」としてサイトリニューアル公開後、はや2週間、早速のお問い合わせなど頂き感謝しております。
    アクトエンジニアリングではサイトリニューアルと同時に【安全環境事業部】を2013年4月より、正式に立ち上げ活動を開始しました。
    そこで今日は、第1回目のe-施工計画com Letter(レター)と題して、アクトエンジニアリングの安全環境事業をすこし紹介させて下さい。

    不動産、建設、土木業界で安全環境事業といえば・・
    「建設工事において、事故や災害を防止し、安全環境保護を確保することは、建設業界を挙げて推進しなければならない重要な課題・・」 云々・・と。
    大変に重要なポジション・権限にして、範囲を管轄する意味合いを連想します・・、すごく責任重大な予感です。
    ともあれ私たち、アクトエンジニアリング【安全環境事業】チームは、不動産、建設、土木業界で活用頂くための【安全衛生関連コンテンツ】の開発・提供を展開して参ります!
    と言いましても、今までの業務も引き続き営業しております。
    建設工事計画届(88条申請)、機械等設置届、クレーン等設置届などの安衛法対応書類の請負業務は当該部署で今まで通り営業です。
    なにしろアクトエンジニアリング前身の企業創業開始時から、25年以上の歴史をもつ【仮設申請業務】は当社の伝統であり、原点ですので。

    創業以来、東京23区、千葉、埼玉、神奈川エリアの労働基準監督署の仮設申請書類に対応し続けた経歴は、大規模な建築プロジェクトをはじめ、ぎりぎり制限にかかってしまった物件まで、それは数えきれないほどの建築工事に携わってきました。
    建設会社の社内審査指導への対応や、労基署監督官の突いてくるポイントを熟知した図面を書き起こすことで、スムーズな書類の申請受理を実現し、みなさまに高い評価を頂いています。

    申請業務チームは伝統を守りつつも、これからも今まで通りで!という訳でもない様です。
    これからの時代、3次元データを有効に扱う事も建設業界では重要な課題となってきます。
    製造業などの他業界に3Dデータの活用では少しばかり遅れをとっている感がしている建設業界ですが、今、どちらの設計事務所もゼネコンも粛々と対応を進めています。
    私たちもそれに遅れることなく、3次元データの活用の為の技術向上には、多くの時間と労力を注ぎ、ここ6.7年で多くの経験をしています。
    それが2011年に制作した「3DCGアニメーションの事故・災害事例動画」の発端ともなりました。
    次回でそのあたりを詳しく書いてみようと思っていますが・・・ 実は仮設申請の図面をすべて3次元データで完成させてみようとも試みているみたいです(難)、 完成したらすぐさま労働基準監督署へ持ち込んでみて相談してみようかと意気込んでました。

    では次回のe-施工計画com Letter(レター)でお会いしましょう!!

PAGE TOP