• 安全環境Staff Letter 【第15回】 ベトナム

    2014.04.10カテゴリー:その他(Letter)

    今回、日本の建設業で外国人労働力を活用する為の「実習生制度」を勉強して参りました。

    ベトナムも冬、日本とは2時間遅れの時差、東京が朝の9:00ならベトナムは朝の7:00
    現地に到着し圏内にはいるとiPhoneは少しの設定で現地キャリアを拾い自動でマイナス2時間に切り替わり、ベトナムモード。
    夕方の5時から、3時へ戻ります。
    年末(旧正月)ということもあり、ホーチミンの国際空港の前は待ち合わせの人や見送りで大混雑。
    国外からの帰省者も多いようで、昨今は特に、年末年始の時期に自国への送金が増加しているとのこと 。
    外貨を稼ぐ人たちの帰国ラッシュも大変に多いようです。
    日本の人口構成年齢とは真逆ということもあり、街中には若い人が多く活気があります。
    気温は25℃-28℃程度、湿気を感じますが過ごしやすい季節のホーチミン。

    【古い建築物と近代的な高層ビルが対照的】
    vet
    空港から中心部までは車で30分程度走ると到着、ペンキを何度も塗りなおした古い建物と
    近代的な高層ビルが”ポツリポツリ”と建っています。
    写真に写る高層ビルの建設現場はサイゴン川付くの場所ですが
    「COFICO」というベトナムの建設会社で前田建設工業と事業協力している大手建設会社でした。
    工事現場の安全看板表示は日本風で整理整頓された現場でした。

    ホーチミンの中心は物価も上昇、オフィスビルなどの賃料も上昇しているようです。
    移動の中心は主に「バイク」
    4人まで乗車して良いのは公に認められてる?2人乗りは当たり前で相当な数が行き来しています。
    そのバイクの渦の中を走る車は高級車が多く、ベンツ、BMW、トヨタ車が目立ちます。
    左ハンドル以外の車は国内に持ち込めないようで、左ハンドル車限定。

    ベトナム人実習生の送り出し機関のオフィスへ向かうのでした・・続く。

    PAGE TOP

  • 建設工事計画届・機械等設置届の作成から提出までの手引き  (第8回:社内事前審査)

    2014.02.06カテゴリー:建設工事計画届

    (第8回:建設工事計画届・機械等設置届等の社内事前審査)

    計画届書類を作成し、監督署へ提出する前に企業内で事前に書類の評価を行い、安全衛生面から法令違反のチェックをするとともに、実施可能な災害防止措置、安全で合理的な作業工程の設定等、工事全体における安全衛生審査を実施することが求められます。
    社内での事前評価は、関係部署(参画者、工事担当者、技術部、労務安全部、機械・電機担当者等)による審査会を実施し、工事の安全性について総合的に事前検討を行うのが一般的、必ず開催して実施済み評価書を計画届書類に添付して届け出ます。

    (1) 工事概要
    (2) 工事計画及び工期
    (3) 地質・地形、埋設物・架空電路等の調査
    (4) 基礎杭、深礎、根切計画
    (5) 山留計画、構台計画
    (6) 鉄骨建方計画
    (7) 足場計画、荷取構台計画
    (8) 型枠支保工計画
    (9) コンクリート打設計画
    (10)工事用機械設備による危険防止措置
    (11)安全衛生管理計画

    【審査基準】
    「建築工事標準仕様書」、「鋼構造設計基準」、「建築工事現場における落下物による危険防止の指導基準」、「市街地土木工事公衆災害防止対策要綱」、その他「建設省関係の指導基準」、「各発注者の定めた標準仕様書」等がある他、労働安全衛生法第28条に基づき公表された技術上の指針を考慮すると共に、労働安全衛生規則に定められている各条文に違反していない事を確認する。

    審査上で留意事項等が見つかった場合には、その指摘事項を文章で記載し、社内審査でより安全側の計画に改訂したことを明記するとよいでしょう。

    審査後の措置
    建設工事計画届の「事前審査書」として、審査委員長・審査担当者が捺印証明し、様式第20号、第21号の次ページにファイルします。

    仮設計画、88条申請業務、安全書類の作成代行、持帰り施工図、BIMデータや3Dスケルトンの制作は「いい施工計画」にお任せください。
    アクトエンジニアリング:安全環境事業部

    PAGE TOP

  • 安全環境Staff Letter 【第14回】 建築生産系技術者ワークショップ その2

    2013.10.29カテゴリー:その他(Letter)

    ワークショップの本題に入ります。

    ゼネコン、ハウスメーカーの社員研修施設の紹介など、各社「人材育成」に力を入れている様子が発表されました。

    なかでも「積水ハウス東日本・西日本教育訓練センター」の取り組みは前述の企業の教育施設とは少し違う様子で、 その研修施設は自社の社員の研修だけでなく、積水ハウスグループ、協力工事店にまでおよぶ社員の技能講習を実施しているという大規模な訓練施設。
    卒業後は積水ハウスグループ内で活躍するという前提ではありますが、完全な「社員研修」の枠を少し広げた感じが印象的。
    技術、知識の習得に集中できるよう全寮制を採用し、1年間実技と学科をまなび、建築のプロとして育てるそうです。
    授業の無い日は、積水ハウスの現場で実地訓練のような「仕事?」に参加。
    技能研修生でありがらも、積水グループや協力店企業に雇用されており、少いけれど現場で労働した分の手当ては支給されているのだそう。
    その給与で購入した「マイ道具」は実技研修で利用されるようですが、貸与された工具にくらべ、自分で購入した工具はとても大切に扱うのです、と話されていました。

    建設会社やハウスメーカーが取り組む「人材育成」は、まだまだ内容を濃く、密なものに改良されていくのだろうということが理解できました。

    さて、 今回参加企業の中には、人材派遣会社の立場からも当社を含め2つの企業が参加しています。
    今後の人材派遣のかたちも、法改正などの取り組みにより、どんどん様変わりしてゆくことが予測されています、 このワークショップ開催中にも、ゼネコン、ハウスメーカー各企業、国土交通省担当者や建設業振興基金会長らが「建設業を支える」人材力ということで、派遣社員の技術教育や、研修制度教育のありかたについて語られており、今後の動向に注視されているとのことでした。

    PAGE TOP

  • 安全環境Staff Letter 【第13回】 建築生産系技術者ワークショップ

    2013.10.24カテゴリー:その他(Letter)

    2013年9月5日(木)~9月6日(金)にかけて、富士教育訓練センターで開催された
    第二回建築生産系技術者教育ワークショップにお邪魔してきました。

    主催は日本建築学会、建築教育委員会、東洋大学教授の浦江主査率いる建築マネジメント教育WG、協力として富士教育センターが場の提供と司会進行の補佐役を務めていました。

    WSの趣旨は、地域雇用を担う「建設産業」が、学校と社会をつなぐ仕組みつくりの一環で技術・技能の継承と労働者のキャリア形成を行う「中核的なセンター」の機能形成を求められているとして、会場でもある「富士教育センター」をひとつの「教育の事例」とし、今後のありかたなどを含め考えてゆくものだという。

    <参加者企業一覧>
    竹中工務店、清水建設、鹿島建設、大成建設、フジタ、コンテック、積水ハウス、大和ハウス、ミサワホーム、国土交通省、建設業振興基金、日本コンストラクションマネジメント協会、リニューアル技術協会、日本建築積算教会、日本建築士連合会・・ほか大学・建設系新聞メディア各社

    参加者を乗せた新宿発の貸切バスが、中央高速の事故渋滞で1時間ほど遅れ、カリキュラムが遅延、到着組の時間をつなぐため、富士教育センター校長の提案で「つくる!安全現場の一年DVD」の紹介と「送出し教育」編の内容をプロジェクターにて放映、予定参加者の1/3程度しばしDVD鑑賞。

    (今回のWSの趣旨と趣旨の違う内容(DVD)であったので“どうかな”とも思ったのですが、会場の空気は痛々しい事故災害のCG映像に重たい雰囲気・・恐縮です)

    遅れたバス組の昼食時間を早々に切上げ、予定より30分遅れでカリキュラムがムスタートしました。

    まずは、2日間の舞台ともなる、富士教育センターの実習風景、施設の見学から。
    ※富士教育訓練センター、平成9年4月に静岡県富士宮市の旧建設省(現国土交通省)建設大学校朝霧校跡地に開校した、建設技術者・技能者のための教育訓練施設

    教育センター学校長の案内で施設全体の見学。
    最近では女性技術者の参加者も増え、女性対応ではなかった宿泊施設などの改修経緯など説明された。
    またカリキュラムも日進月歩で、リニューアル協会と企画を出し合い、増加傾向にある「改修工事実習」に対応した教材は、老朽化した設備内の既存建屋を活用しているなど。
    建設技能を習得するには良い環境が揃っています、富士山の麓、朝霧高原は湿度が多い場所で当日も晴天でありながら肌にまとわりつく湿気を感じつつ、ワークショップ会場へ移動します。

    <つづく>

    PAGE TOP

  • 新宿労働基準監督署移転のお知らせ

    2013.10.22カテゴリー:安全衛生の職人

    〈 お知らせ 〉 新宿労働基準監督署の移転

    平成25年10月15日(火)より
    新宿労働基準監督署 が移転しています。

    新住所は、
    新宿区百人町4-4-1 新宿労働総合庁舎4・5階でJR高田馬場駅が最寄りとなります。

    (交通案内)
    JR山手線 高田馬場駅 戸山口下車徒歩5分
    西武新宿線 高田馬場駅 戸山口下車徒歩7分
    メトロ東西線 高田馬場駅 1番出口下車徒歩10分

    (連絡先) ※ 電話番号、FAXについては変更ありません
    ■ 方面(労働相談等)  03-3361-3949
    ■ 安全衛生課      03-3361-3974
    ■ 労災課         03-3361-4402

    ※ 告知パンフレットはこちら

    仮設計画、88条申請代行、安全書類の作成代行、持帰り施工図、BIMデータや3Dスケルトン制作は「いい施工計画」で解決! アクトエンジニアリング:安全環境事業部
    仮設申請代行、施工図請負の実績多数!是非ご相談ください。

    つい先日、新宿労働基準監督署へ届け出をしてまいりましたが
    工事契約の遅れにより機械等設置の届け出が遅くなり、30日前の提出が出来ず
    遅延理由書を添付して提出をしたところ、勧告処分とされてしまいました。
    契約、調達の遅れなどで届け出が遅くなる場合には十分に注意が必要です。
    建設工事計画届は14日前、機械等設置届は30日前というルール期限を守るよう
    十分に気を付けてください。

    法律で定められているルールですので、届け出の遅延は絶対に避けましょう。

    PAGE TOP

  • 安全環境Staff Letter 【第12回】 安全の見える化運動(中央労働災害防止協会)

    2013.10.08カテゴリー:その他(Letter)

    10月30日から3日間、インテックス大阪5号館にて中央労働災害防止協会主催による「緑十字展2013」が開催されます。
    昨年はジーオーピーさんのブースをお借りして「つくる!安全現場の一年」DVDを出展させて頂きました。
    その反響あって、多くの企業様より「事故事例CGアニメーション」の制作についてお問い合わせを頂き、この「緑十字展」へ参加されるご担当者の方々の安全への関心が高いことに驚かされました。
    今年は参加予定はございませんが、来年は是非とも ひとブース スペースを貸し切って「つくる!安全現場の一年」DVDの展示を行いたいと考えています。
    生コン打設
    24年度、大阪労働局で薦められてきた「安全の見える化」活動、厚生労働省で毎年実施される「見える」安全活動コンクールの入賞作品のパネル展示も行われるようです、各業界で安全に対する見える化の素晴らしいアイデアが満載です。
    わたしたちも、安全動画(ビデオ)を制作するにあたって、多くの見える化アイデアを盛り込み、コンクールで入賞できるような作品を企画し続けたいと思います。

     

    PAGE TOP

  • 建設工事計画届・機械等設置届の作成から提出までの手引き  (第7回:様式20号の記載方法)

    2013.08.27カテゴリー:建設工事計画届

     

    〈 第7回 〉 機械等設置・移転・変更届作成の手引き 様式20号の書き方

    労働安全衛生法第88条第2項(第1項の準用規定)に基づいて、計画届を必要とする設備のうち建設工事に関係あるもの(安衛則第88条、第89条)に該当し、機械等設置・移転・変更届を作成する場合、様式20号の提出が必要です。
    その様式20号(鑑)の記入例を解説していきます。
    提出の前に、仮設計画と施工計画の再確認を!

    機械等設置届記入例(様式20号) ※アルファベットと記入先がリンクします、記入例をご覧になりながら、解説をご確認ください。
    仮設計画、88条申請業務、安全書類の作成代行、持帰り施工図、BIMデータや3Dスケルトンの制作は「いい施工計画」にお任せください。 アクトエンジニアリング:安全環境事業部

    A ・・・ 表題の「建築物」の文字を字消し線をつかい削除する。
    理由:届出る型枠・足場等は法令上の分類では「機械等」に属しているので「建築物」は該当しません。

    B ・・・ 「設置・移転・変更」の欄は、届出る機械等を新たに設置するのか、移設するのか、既に設置した形態を変更するのかによって選択。
    注 : クレーン・建設用リフト・ゴンドラ等の機械を設置する場合の届出はこの書式では申請できません、指定書式にて届出る必要があります。

    C ・・・ 「事業の種類」の欄は、日本標準産業分類の中分類により「総合工事業」と記載。

    D ・・・ 「事業所の名称」の欄は、上欄に企業名を記載し直下に工事現場名称を記入しましょう。

    E ・・・ 「常時使用する労働者数」の欄は、常時在籍する元請数と下請け数をそれぞれ記載し、合計人数の記載も忘れずに。

    F ・・・ 「設置場所」の欄は、機械等を設置する場所となるので現場住所になります。(住居表示がない場合は地番でも可ですが、案内図の添付を必ず)

    G ・・・ 「主たる事務所の所在地」の欄は、現場事務所の住所を記載。(現場事務所を設置しない場合は、連絡がつく支店、営業所で可)

    H ・・・ 「計画の概要」の欄は、設置する全ての機械等を記載する。記載欄が小さい場合は、別紙添付と記載して別添資料を添付で可。 別紙添付とする場合(計画概要の記入例)
    型枠支保工・・・設置階の高さと支柱の長さ、使用部材などを簡潔に記載する。
    外部足場・・・・・建物の各面へ設置する足場の種類及び地盤面からの高さを記載する。
    架設通路・・・・・建物の各面へ設置する昇降設備の個数と全体の延長を記載する。
    注 : 架設通路とは昇降設備を指しており、枠組足場内の昇降階段数を拾う、1部材2.5mで長さを算出します。昇降階段以外は1つ1.8mで算出している。

    I  ・・・ 「全体工期」の欄は、工事自体の着手日から建物引渡日を記載。 注: 契約日ではないので注意、山留杭、本杭の打設開始日のどちらか早い方を対象。

    J  ・・・ 「請負金額」の欄は、請負金額を参考にして審査するので記載する。  注: 掘削または埋戻し完了ではない。

    K ・・・ 「参画者の氏名」の欄は、学歴、職歴、勤務年数等を確認し記入する。
    ● 足場の仕事(つり足場、張出し足場以外で高さが10m以上の足場)
    1. 足場の仕事に係る工事の設計監理または施工監理の実務に3年以上従事した経験
    2. 建築士法第12条の1級建築士試験合格者であること。
    3. 建設業法施工令第27条の3に規定する1級土木施工管理技術検定または1級建築施工管理技術検定合格者
    4. その他労働大臣が定めた者であること
    5. 労働安全コンサルタント試験合格者で、その試験区分が土木または建築である者
    上記、1・2・3・4については下記の経験も必要 建築工事における安全衛生の実務に3年以上従事した経験を有する者または労働大臣が定める研修の修了者

    ● 型枠支保工の仕事(支柱高さが3.5m以上)
    1. 型枠支保工に係る工事の設計監理または施工監理の実務に3年以上従事した経験を有する者
    2. 建築士法第12条の1級建築士試験合格者
    3. 建設業法施工令第27条の3に規定する1級土木施工管理技術検定または1級建築施工管理技術検定合格者
    4. その他労働大臣が定めた者
    5. 労働安全コンサルタント試験合格者で、その試験区分が土木または建築である者
    上記、1・2・3・4については下記の経験も必要 建築工事における安全衛生の実務に3年以上従事した経験を有する者または労働大臣が定める研修の修了者

    L ・・・ 「参画者の経歴概要」の欄は、上記の学歴、職歴、勤務年数等を確認し記入する。 注: 欄内に収まらない場合は、別紙添付で可。

    M ・・・ 「電気使用設備の定格容量」の欄は、仮設使用電力を記載(電灯・動力)

    N ・・・ 「工事着手予定年月日」の欄は、足場・型枠・架設通路の組立開始日を記入する。
    注 : 工事着手日ではない。
    注 : 架設通路とは昇降設備の事であり、足場の組立開始時期と同時とみなす。

    O ・・・ 「工事落成予定年月日」の欄は、足場・型枠・架設通路の解体完了日を記入する。

    P ・・・ 「提出先の労基署」の欄は、提出先の労働基準監督署の名称を記載する。
    注 : 建設工事計画届の手引き(第1回)の管轄労働基準監督署の方で確認ができますので参照ください。

    Q ・・・ 会社名及び代表者指名を記入する。

    R ・・・ 会社名及び正式工事名称を記入する。Dの欄と同じにする

    S ・・・ 事業者職氏名を記入する。

    仮設計画、88条申請業務、安全書類の作成代行、持帰り施工図、BIMデータや3Dスケルトンの制作は「いい施工計画」にお任せください。

    アクトエンジニアリング:安全環境事業部

    PAGE TOP

  • 安全環境Staff Letter 【第11回】 CG動画 制作 アニメーション紹介(足場崩壊事故)

    2013.08.21カテゴリー:その他(Letter)

    「つくる!安全現場の一年」シリーズの第二弾DVD 【送り出し教育編】 が、いよいよ8月28日より出荷開始です。
    これから少しづつDVDの内容を紹介していきます。

    今回の【送り出し教育編】は、作業場所や作業内容の変更に伴って、みなさんの労働災害防防止のために必要な教育で法律で義務付けられています。
    勘違いされて解釈をされているケースが多く見受けられますが、赴任先の現場で行われる【新規入場者教育】は法律が意図しているものではありません。元請けは教育の為の資料と場の提供を義務付けられており、送り出し教育は、あくまで専門工事業者(協力業者)側で実施することが正しい運用となります(安全衛生規則第35条)
    とはいえ、協力業者側で十分な教育体制を整えて都度送り出し教育を実施することは相当の負担となり、事実おろそかになりがちです。そのような事情を踏まえて、入場前の基本教育となる教材が欲しいという声から、本DVDを制作いたしました!

    このDVDでは、協力会社の送り出し教育はもちろんのこと、元請けで実施されている新規入場時教育用の教材としても十分活用できるように作られていますので、是非ご活用下さい。

    「つくる!安全現場の一年」シリーズの特徴でもある、事故災害事例に学ぶCGアニメーションも新しい事例がいくつも追加されています。

    写真は足場倒壊事故事例のシーンの一部

    足場崩壊マルチ

    「つくる!安全現場の一年」DVDシリーズ第2弾 【送り出し教育編】
    Amazonストアにて予約受付中!

     

    PAGE TOP

  • 安全環境Staff Letter 【第10回】 CGアニメーションの制作ならアクトエンジニアリング

    2013.08.19カテゴリー:その他(Letter)

    アクトエンジニアリングでは、建築・土木向けの外観パースや内装のモックアップ(原寸サンプル)のウォークスルーのCGアニメーション、ムービーなどを企業様向けに制作しています。
    最近では単なる3Dパースデータではなく、BIMモデルとして入力したデータをウォークスルーアニメーション化したりAR化することも多くなってきました。
    今日は実際に映像の中のキャラクターが動く(アニメーションする)安全動画などの3DCGアニメーションについて触れてみたいと思います。
    建物とは違い、主人公が人物などのキャラクターや建設機械の場合、それそのものが動き、動作、アニメーションします。
    建築のウォークスルーでも、ドアが回転して開いたり、車寄せに車両が到着して停止するシーンなどもありますが、人間の動きはドアや窓の開閉とは比べ物にならないほど細かく機械的ではない動きを必要とします。
    人間の動きを最小限にした不自然なアニメーション設定の場合、視聴者はそれをリアルな人ではなく「漫画」として閲覧します。
    場合によっては、その表現が都合よく、最適な場合もありスピードを重視してコストも低く抑えてアニメーションをつくることが可能です。
    建設中の構造物、仮設機材など、脇役のパーツ類も、動画の世界観をリアルに表現する為には欠かせない素材です、その作りこみの制度が高ければ高いほど、臨場感あふれる仕上がりとなります。
    建築用のパースやウォークスルームービーの制作作業とは全く違ったスキルと要素が重要です。

    当社が制作するCGアニメーションは、幾重にも特殊加工を重ね最終的なアニメーションを完成させます。
    登場物の動きに合わせ必要になる影や、その場の空気感を感じるための光の調整など、何度も何度も調整してCGアニメーションを制作しています。
    それは視聴者が自然とその映像に入り込んでもらう為に必要なことと考え、当社で制作する「事故事例」アニメーションのベースで、事故災害のおそろしさと、それを起こさない、と感じて頂く為にこういった手法でCGアニメーションを制作しています。

    影の表現空気感
    CGアニメーションの表現方法にはいくつもの手法があり、このように手書き風な表現を行うこともできます。

    toon1
    CGアニメーションの用途や予算によって幅広い対応を行うことが可能ですので、ご相談ください。

    CG制作のアクトエンジニアリング

    PAGE TOP

  • 安全環境Staff Letter 【第9回】 送り出し教育用ビデオ(DVDメニュー完成)

    2013.08.01カテゴリー:その他(Letter)

    CGアニメーションを駆使した安全教育ビデオシリーズ「つくる!安全現場の一年」送り出し教育編のDVDメニューのデザインが完成したようです。
    鮮やかなグリーンがバックでとても見やすいDVDメニューになっています。
    送出し編メニュー

    送り出し教育の本編(約30分)をご覧いただいた後に、下に並ぶ専門職種別の事故・災害・ヒヤリハット事例を合せて学ぶと、より良い安全衛生教育が可能になると期待しています。
    やむを得ずに 「新規入場時の教育」を実施する場合でも、現場で十分つかえる内容で、時間がなく教育用の教材をうまく作れないなど、忙しいときに あると助かる「安全ビデオ」となっています。

    大手ゼネコンの様々な現場で「新規入場時教育用ビデオ」を作り続けてきた経験とノウハウを活かし作り上げたDVDですから、ハイクオリティーで充実した安全衛生教育が実施できます。

    アクトエンジニアリングの安全コンテンツはコチラ

    PAGE TOP

3 / 512345

PAGE TOP