建築施工管理業務をITでスマートに!

1日かけて行っていた現場の業務が、IT を活用する事によって数分で処理ができてしまう。
そんな「あったらいいな」を実現するソリューションメニューを多数ご用意。
現場サイドのニーズをIT・プログラマーに的確に伝える“通訳”として「現場施工のIT 化」をスマートに実現します。

  • スマートデバイスの活用

  • 現場目線のシステム開発

  • 施工ITで生産効率を向上

当日の作業や立ち入り禁止エリアの周知など、現場の安全を守る毎日の朝礼。
しかし、朝礼会場から持ち場までの人員輸送に時間がかかり過ぎる、狭隘敷地で会場確保が難しいといった問題に頭を悩ませる現場も数多くあります。
このような現場からのを声を受け、アクトエンジニアリングでは国内で初めて“朝礼のシステム化”に成功しました。
時間の無駄を省き、作業員の歩掛を向上させ、現場内の情報伝達を大幅に改善する新しい朝礼として、大手ゼネコン各社にご利用いただいております。

  • 朝礼システムの様子

  • 大スクリーン朝礼

  • デジタル安全看板

導入実績
株式会社大林組、鹿島建設株式会社、前田建設工業株式会社

朝礼システム®製品サイトはこちら

アクトエンジニアリングでは、現場の施工業務の課題を共有し、経営戦略に役立つコストダウンソリューションの提案で生産性アップを支援するIT マネジメント・SI サービスを提供しています。

その一つが、鹿島建設株式会社の『作業間調整会議システム』プロジェクトです。
作業安全指示書(手配書・実施書)、調整会議実施一覧や安全衛生日誌など、現場特有の帳票類を自動で作成し、協力業者間の搬入・揚重調整をスマートデバイスで入力・確認できる業務システムを開発・運用。現場から高い評価をいただいています。
システム化の計画段階から、設計・プログラミング・運用サポートまで一貫したソリューション構築をサポートしています。

開発・納入実績
鹿島建設株式会社 建築管理本部

PAGE TOP

ARコンテンツ企画・制作サービス

対談:ACTENG×3D-GAN~建築業界におけるAR活用についての考察~

3D-GAN 理事長 相馬達也氏

ACTENG:
BIMが普及してきたように、ARも近い将来、間違いなく建築の世界に浸透すると私たちは考えています。そこで、業種間の壁を超えて“3D”業界という新たな産業文化を振興する「一般社団法人 3Dデータを活用する会・3D-GAN」の理事長・相馬達也氏に、その可能性と用途についてお話をお伺いしてまいります。3D-GANでは「妖精眼鏡®」というARアプリを開発してらっしゃいますね。
相馬:
「妖精眼鏡®」は、ARマーカーという正方形の黒枠で囲んだ印刷パターンをwebカメラに認識させ 、ディスプレイ上に3D コンテンツを表示する無料のアプリでiPhone、iPad、Androidに対応しています。映し出したコンテンツと写真を撮ることもできるんですよ。
ACTENG:
例えば、このマーカーを建築看板に貼れば完成予定の建築物を表示するなんてこともできるわけですよね。マンションの販売広告用の間取りを3Dで見せたり。
相馬:
もちろんです。それから近々GPS機能と組み合わせた機能を搭載するのですが、これを使うと、マーカーを持っていても指定した場所に行かなければコンテンツが表示されないという設定もできるようになりますよ。
ACTENG:
なるほど。商業施設などのオープニングキャンペーンやプロモーションなど、用途が広がりそうですね。ところで、マーカーをつくる時のデータは3次元である必要はあるんでしょうか。
相馬:
いや、その必要はありませんよ。極端な話、0.1ミリでも厚みがあるデータがあれば大丈夫です。
ACTENG:
ということは、建築の完成パースを0.1ミリのボードにJpegデータを貼るだけの簡単な手順でマーカーが作成可能というわけですね。
相馬:
その通りです。
ACTENG:
建物の外観、内観だけでなく、完成したら見えなくなってしまう建築物の構造を3Dコンテンツとしてとして表示しても面白いですよね。建築物の利用者に興味をもってもらえるだけでなく、顧客へのプレゼンテーションツールとして利用すれば、受注にも結びつきやすくなると思うんです。
相馬:
実際に立体コンテンツを見ることで「こんなことはできないかな」というお客様からの逆提案など、アイデアの幅が広がり、モノづくりが一段と面白くなるでしょうね。

ARで再現した躯体(パネルゾーン)

ACTENG:
私たちが目指しているのは、ゼネコン、設計事務所が受注を取るためのツールとしてARを普及させることです。それをキッカケに様々なアイデアが生まれ、コンテンツの使い方も広がっていくだろうと期待しているんです。
相馬:
建築業界でARがどんな風に展開していくのか、楽しみにしていますよ。
ACTENG:
当社には大規模な建築プロジェクトを経験した設計者やエンジニアが多数います。当社と3D-GANの双方がもつ技術やノウハウ、アイデアを融合することによって、建築業界の発展に貢献する新しいサービスを次々に創出していきたいですね。本日はどうもありがとうございました。
一般社団法人 3Dデータを活用する会3D-GAN

2011年1月設立。文字通り“3Dデータを活用する”ことを共通項として活動する非営利団体。建築、工業デザイン、製造からゲーム、アニメーション、フィギュア等のエンターテインメント・ホビー関連まで多種多様な会員企業が集まり、異業種交流・融合により新しい製品・事業・産業文化の創造を目指しています。

ACTENGは3D-GANの正会員として、2011年12月に開催された同会主催のセミナーでは「建設業界の3D活用事例」をテーマに講演も行っています。

【3D-GANホームページ】http://www.3d-gan.jp/

PAGE TOP

AR体験

躯体(パネルゾーン)

AR体験方法
  1. (1)App Store™またはGooglePlayから専用ビューワー(妖精眼鏡®無料)をインストールします。
  2. (2)「ARデータダウンロード」をクリックします。自動でビューワーが立ち上がるのでダウンロードしてください。
  3. (3)マーカーをダウンロードおよび印刷します。
  4. (4)マーカーを写してください。
  5. (5)拡張現実で作られた「躯体(パネルゾーン)」が表示されます。

このページのURLをメールで送信するemail

ARデータダウンロード

ARマーカー

ARマーカー

ビューワーを起動後、上のマーカーに
iPhone、iPad、Android携帯をかざしてもご覧いただけます。

妖精眼鏡

「妖精眼鏡®」アプリはApp Store™またはGooglePlayで無料配信されています。
※Androidの対応機種がサイトに記載されていませんでしたのでご確認ください。

PAGE TOP

資料請求・お問合わせ

資料請求・お問合わせフォーム

メールによるお問い合わせ

電話によるお問い合わせ 03-3505-3737 / 営業時間:月-金9時~18時(祝日を除く)